絵日記5 H17.10.11〜 絵日記6 H18.4.26〜
H19.2.26(日)の絵日記 「中学体験発表」
 区民センターが人でいっぱいになりました。第1回町内教育なんたら、とかいう会合で、児童や学生の体験発表や講演会などがありました。我が家の二女も発表しました。大勢の人人人で、ぼくなら緊張のため、とっくに気絶しているところですが、娘は堂々ととちらずに発表していました。終わってから担任の先生に「○○は肝が座っとるなあ!」と言われたらしい。ホントそう思いました。
H19.1.24(水)の絵日記 「親子スキー学校」
 ハチ北スキー場で小学校の親子スキー学校がありました。6年の息子といっしょに滑りました。今年は雪不足でどうかな?と思ってましたが、充分楽しめました。息子は昨年までは、ほっておくと一人でどんどん先に行き、見えなくなるほど先に行っていたのに、今年はなんとなく、老人といっしょに滑っているような、というか老人をかばうような滑り方をしていました。・・・最近、子どもたちが、ちらほらと年寄り扱いするようになってきました。
H18.12.17(日)の絵日記 「音楽フェスティバル」
 「僕らの”音楽フェスティバル」という中高生主催の音楽祭がありました。高3の娘はピアノとボーカルの2名編成で出演しました。上手に歌ってたし、ピアノもよかった。自分が中高生の頃のことなど思い出しながら聴いていました。半日楽しく過ごせました。
H18.11.22(水)の絵日記 「ひとあし早いクリスマス」
 それはサプライズ?鍋をつついていたら、きれいな飾り付けが出てきました。かなり長いので、みんなの箸で引っ張りあうと、おおっ美しい!......? ひとあし早いクリスマス? ってか、糸コン切ろうや。
H18.11.16(木)の絵日記 「ザビちゃん」
 今日から「ザビちゃんと呼ぶわ」
・・・と鏡を2つ渡されて、カミさんから宣告されました。ザビちゃんとはフランシスコザビエルのこと。
「やっと僕の信心深い心が分かったか。うちは真言宗だけど、まあええか」と天然ボケなことを思いましたが、どうやらそうではないようでした。
桜塚やっくん風に言うならば、「ザビちゃん...って、失礼だろーーーーーーが!!じゃあ、またな!」
H18.9.21(木)の絵日記 「謎の物体X」
 こ芋の煮っころがしを入れる中くらいの器。その全面にべったりとピンク色の謎の物体がへばりついていました。先日、村の秋祭りで坊主が拾った、大判のお餅のお雑煮でした。朝からしっかりと腹ごしらえができました。
H18.7.1〜2(土・日)の絵日記 「ナイトハイキング」
 小学校6年の行事でナイトハイキングがありました。香住から村岡まで40kmを親子で走破しよう!ということで、夜9:30現地出発。何度か休憩をとりながら、朝5時頃?30km地点まできたところで、豪雨のためやむなく(でもラッキー?)ここで終了となりました。道中腰がぬけそうになりながら、でも何とか歩きとおせました。お母さん方も子供たちも黙々と歩いていました。「みんなで渡れば恐くない」のように「みんなで歩けばえらくない」、なんてことはなく、かなりえらかった!中止となった最後の10km「歩きたかった」との息子のことばに満足、満足。
H18.6.29(木)の絵日記 「滝にうたれる修行僧」
 ・・・のように汗が出ます。ほんとの滝ならマイナスイオンなど感じるのでしょうが。一日タオルが手放せない。バスタオルでもいいくらいです。
H18.6.26(月)の絵日記 「40kmウォーキング」
 今週末、香住から村岡まで40kmをウォーキングすることになりました。それも夜スタート。夜を徹しての強行軍で、涙が出そうなくらい楽しみです。小学6年の息子の行事で、親子で語りながら夜中ウォーキング、というわけです。最近とみにお腹が出てきて、なおかつ、今年もほとんどジョギングもやってない、うえにこの企画。でも、食欲はなかなか減退しません。かなりヤバイ。週末がおそろしいです。
H18.6.7(水)の絵日記 「似顔絵」
 テレビに出ていた芸人さんで、描けそうな顔を選んで描きました。
 テレビも、カメラも、電話も、文字も、あらゆるものがデジタル化される時代。パソコンがないと暮らせなくなる?と思えるほど、日々パソコンを使って仕事をしているのですが、デザイン業務におけるパソコンというのは、イメージが即画面上で表現できることによる「センスの向上」の一助にはなるでしょうが、個人がもつ「技量」は退化させてしまいます(道具というものはすべてそうなんでしょうが)。ときどきアナログで、自分の手でやってみて、どのくらい退化しているか確かめねば、と思います。だから、もし現役でありながら、デッサンとか基礎的な苦行?を続けているデザイナーさんとかがいたら凄いと思う。
H18.5.30(火)の絵日記 「農家民宿」
兵庫県但東町の農家民宿「善」に取材に行きました。ここは築95年の農家の家屋を使って民宿、食事を提供しています。お昼はわれわれ2人のためだけに、古代米入りのご飯をかまどで炊いていただき、そばをうっていただき、たくさんの手をかけた料理をいただきました。家の中は昔の農機具やいろいろな道具などレトロなものがあり、いくら写真撮影しても時間が足りませんでした。泊まりで、気心の知れた仲間たちと一晩ゆっくり飲んで語って、、、。そんな情景が似合いそうでした。
H18.5.29(月)の絵日記 「バイブレーション」
朝ごはんのとき携帯を使おうとすると、何もしていないのにバイブレーションがかかっている? ブルブルしてkeyが押せない。落ち着いてよく見ると、ふるえているのは携帯ではなく自分の指先のほうで、小刻みにふるえている! なんで? そういえば、ごはんの前に刈払い機を使った。そのしびれが残っていただけだった。 ちょっとびびりました。
H18.4.29(土)の絵日記 「サッカー」
1日休みをとって息子のサッカーの試合を見ました。いい天気で、近くでは菜の花がたくさん咲いており、新緑がちらほらと目を出し始め、向こうの山にはまだ残雪が見えました。風が強くて、テントも僕の髪の毛もはためいておりました。2試合目で負けましたが、こどもらが一生懸命にスポーツをする姿は微笑ましかったです。
H18.4.26(水)の絵日記 「不眠症?」
不眠症とかって、かなりデリケートな人しかならないと思っていましたが、な〜んか最近眠れません。この2週間ほど2時とか4時とか完徹とか激務が続いていたせいか、体がそうなってしまったようです。ふとんに入るとカーーーッと目が冴えます。で、時間がもったいないので、居間で本を読んだり、深夜テレビを見たりして、「しんどいなー」と疲れを感じるまで起きておきます。でも、またふとんに入るとすぐには眠れません。